入店祝い金詐欺

MENU

入店祝い金詐欺

―入店祝い金はもらえますか?
はい、せっかく当店ではたらくと決心していただいたので、感謝の意を込めてドーンと10万円お渡ししています。

 

―面接交通費も支給なんですよね?
はい、遠方の方ですと当店まで面接に来ていただくだけで、かなりの時間とお金がかかってしまいます。時間はお返しできませんが、お金は返せます。もちろん面接も有意義になるよう心掛けています。皆さんご応募お待ちしています。

 

 

 

「店長、入店祝い金っていつもらえるんですか?」
「うん、さとみちゃんどうした?そっかさとみちゃんももう入店して1か月くらいだもんね。調べるから待ってね。えーっと・・・。」
「調べるってなんのことですか?」
「あ、さとみちゃん、ざんねーん。条件にちょっとだけ足りてないわ。ゴメンねー。」
「店長なに言ってるんですか?条件ってなんですか?足りないってどういうことですか?」
「さとみちゃん、条件知らないの?面接のときに説明したでしょ?」
「わたし、聞いてません」
「そんなはずないよ。うちは面接のときにちゃんと書類見せてるよ。」
「どんな書類ですか?」
「うん?これだね。ほら書いてある。」
「これって読み終わらないうちにすぐに回収されたやつじゃないですか!“たいしたこと書いてないから読まなくていいよ”って言われたんですけど?」
「そんなこと言うわけないじゃん。ここに入店祝い金の条件が書いてあるのに。読み終わってから回収するように担当者には言ってるよ。」
「だって私読んでません。読んで知ってたらこの条件を満たすようにもっと出勤してますもん。」
「うん、そんなこと言われてもなぁ・・・」
「今月は条件満たしてなくて残念だったけど、うちだったどんどん稼げるから来月がんばればいいじゃん、ね?」
「もう入店祝い金はもらえないんですか?」

「そうだね。これはちゃんと条件があってそれをクリアした子にあげるようになってるから、残念だけど。来月また頑張って!」
「そんなぁ・・・。」

 

待機室
「入店祝い金って、もらった?」
「ううん。そんなのあることも知らなかった。今初めて聞いた。」
「この店、入店祝い金なんて出すつもりないよ。誰ももらったことないもん。条件の書類なんて実は面接のときに見せてないしね。」
「確かに見たことないかも・・・。」
「それにあの条件クリアするのとっても難しいよ。2日以上休んだらダメだもん」
「入店祝い金あてにしてたのになー。」
「面接交通費も領収書ないとダメだしね。そんなのこっちに着いてから言われても領収書もらえないじゃん!」
「これって詐欺じゃないの?」
「なんか、急に働く気なくした。もうこの店辞めよっかなぁ。」